ストップ狩り

公開日: 

最近くーの1分とか5分足をずっと見てる。すると急に相関が表れて資金がどんどん入ってきてるのがわかるときがある。

ほんでチャート見ると明らかにストップ溜まってそうなところに向かってる。なんかこういう動きが沢山ある。

20170121usdjpy

USDJPY5分足。一番上の黄色線は115円の大台。ここは当然意識されるんだけど、赤丸の部分の速度が非常に速い。こういう時は115円割れのストップを狙って短期筋が仕掛けにきているということだろう。

タチが悪いのがストップ狩りをする立場に立つと、115円割れるまでポジションは放すわけがないということ。逆にロンガーは逃げるので尚更割れやすい状況になる。

ただしストップ狩りをするのは主に短期筋かつ実体があるわけではないので、ストップ狩ったあとに利確する人が多く値は戻りやすいと思われる。

二つ目の赤丸はトランプ就任式後に仕掛けられたやつ。真ん中の黄色線のストップを狩りに動いて、あわよくば一番下のストップ溜まってそうなところまで割ってきた。その後は解散って感じで上昇。

これを踏まえると、長期で持つ人はストップが集まっていそうなところよりも少し離れた場所に置いた方が良いんじゃないかって思う。綺麗な形のチャートほど狙われる。

FXって何でみんな損するのかって、こういう短期筋が我々の資金を狙ってるからなんだよなぁ(´・ω・`)

短期の場合は相手から資金を奪うゲームに近い感覚がある。ゲームが上手ければ勝つ、下手だと負ける、それを意識しながらチャートを見ると短期の仕掛けに乗れるような気がする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. より:

    スキャし放題ですね

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑