地合いありきの手法

公開日: 

色々勉強してるうちに一つ到達した事があって、それは地合いありきの手法の組み立てだということ。

以下BNF氏の発言を引用。

あのですね、これをやったら儲かるなんて、ないんです。

まず全体を見てください、全体を。

あくまで市況全体を読み、投資先のセクターを決めることが先です。

売買代金・出来高・値上がり・値下がりのランキングなどを見て、その市場を牽引しているような代表銘柄をチェック。

 

さっき、今は世界全体が連動してるって言ったけど、それだっていつまで続くかはわからない。

トレンドは日々ちょっとずつ変化していくのでそれを感じるのが大事なんですね。

薄まっていくトレンドと濃くなっていくトレンドが必ずあって、それにうまく乗らないと儲けられない。

それを感じるためには、いろんな要素を常に意識しながら毎日相場を見ていくしかないんですよ。

為替の場合はペアトレードなのでどこかが買われるとどこかが売られる。地合いに合わせて一番強いトレンドを把握して、イベントのタイミングとトレンドの強さに沿った手法で攻めて行きたいと思う。

今どの通貨が連動しているのか、対してどの通貨が逆相関しているのか、今値動きが落ち着いているのは何のせいかなど、日々ちょっとずつ変わっているものを肌で感じること。そしてちょっとした変化に敏感になっていけば、いずれ大きな波を捉える事ができそうな気がする。

値動きに対する洞察力こそがトレーダーとして磨かれる感性であって、単純にトレンドラインを引いて押し目を買えば勝てるとかそういうものではない。先輩トレーダーに学ぼう。

まだまだ経験が足りない。とにかく勉強。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑